余分な荷物はトランクルームへ!

ホーム > トランクルームの豆知識 > トランクルームを選ぶときに大事なポイント

トランクルームを選ぶときに大事なポイント

 トランクルームは自宅には置くことができないものや普段はあまり使用しないものを保管するときに便利です。
 アウトドア用品やウィンタースポーツ用具など特定のシーズンにしか使用しないものを保管するのにも便利です。
 トランクルームを選ぶときに大事なことは預けたいものを保管するのに十分なスペースがあるかということです。
 また、ひと月当たりの料金を比較することも大事です。
 預けるならばできるだけコストを抑えることは大事です。
 一般的には収納スペースが広いほど料金は高くなります。
 預ける荷物が入らなければもちろん利用できませんが、広すぎても無駄なスペースを借りていることになります。
 トランクルームによっては事前に見学することができるので、その場合にはメジャーなどを持っていきサイズを正確に測ることも一つの方法です。
 

 預け入れる荷物にもよりますが、トランクルームまで運ぶこととなります。
 大きなものであれば自動車などが必要となることも珍しくありません。
 その場合、トランクルームに駐車場の設備があることがポイントとなります。
 トランクルームは駅など公共交通機関からの利用が便利な場所に立地しているものと、郊外で自動車でのアクセスが便利な場所に立地しているものがあります。
 預け入れる荷物が大型で、かつ使用頻度の少ないものであれば多少移動に時間がかかっても郊外のトランクルームを選択することもひとつの方法です。
 一方で小型のものを預ける場合は利便性を優先するほうがいいと言えます。
 同じトランクルーム業者でも郊外型の店舗と市街地型の店舗ではトランクルームのサイズや料金が異なることもあるので比較することもポイントです。
 

 トランクルームに荷物を預けるときには安全性のことも比較するポイントです。
 特に大事なものを預ける場合にはセキュリティーがしっかりしていると安心することができます。
 トランクルームのセキュリティーについては進化しています。
 施設内部ではカメラによる監視が行われていることはもちろん、ビル型のトランクルームでは自身の荷物を預けている階にしかエレベーターが停止しない仕組みになっています。
 また、警備会社と連携して警戒している業者もあります。
 業者自体の信頼性を確かめるためにはトランクルームに関する協議会に加入している業者を選ぶことがポイントです。
 この協議会に加入するためには定められたさまざまな審査に合格する必要があることから、運営体制などが信頼できるものであることを証明しています。
 

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP