余分な荷物はトランクルームへ!

ホーム > トランクルームの豆知識 > 短期保管と手軽な契約に魅力があるトランクルーム

短期保管と手軽な契約に魅力があるトランクルーム

 トランクルームは、よく貸し倉庫と比較されています。
 前者の方が良いと評価されている事も多いですが、その理由の1つがレンタル期間です。
 物品を預けるサービスは、必ずしも長期ニーズだけではありません。
 短期間だけにしたいというニーズも多いです。
 例えば、オフシーズンの物品を預けたい事もあります。
 ある時までは夏物を着用していたものの、秋が到来したとします。
 その時には、夏の衣類も不要になってしまう訳です。
 それで貸倉庫などが検討される事も、たまにあります。
 自宅に衣類を保管しているのも、多くのスペースを取ってしまいますし、一旦は倉庫に預けるという選択肢も浮上する訳です。
 しかし貸倉庫ですと、最低契約日数などがあります。
 物件によっては日数が長めですから、短期的にオフシーズンの衣類を預けるのが難しい事も多いです。
 

 ところで冒頭で触れたルームには、その預ける期間に関わる大きなメリットがあります。
 なぜなら、短期的に預けるのも全く問題ないからです。
 例えば、半年ほど預ける事も十分可能です。
 季節物の衣類でしたら、とりあえず半年や9ヶ月ほど預けておくのが、妥当な事も多いです。
 ですから短期的に預けられる上記のルームは、使い勝手が良い訳です。
 しかし貸倉庫ですと、契約日数がかなり長いこともあります。
 最低でも1年契約を余儀なくされてしまい、借りるコストが高く付いてしまう事も多いです。
 ですから貸倉庫は、短期的なレンタルには不向きな一面もある訳です。
 ですから貸倉庫というより、ルームの方が良い事もあります。
 何も季節物の衣類だけではありません。
 その他の理由で、一時的に物品を預けておきたい時にも、そのルームはよく検討されています。
 

 ところで借りるサービスを契約する際には、大きな手間が生じてしまう事もあります。
 賃貸関連のサービスなどは、その傾向が顕著です。
 貸倉庫なども、それなりの手間を要する事があります。
 様々な契約関連の書類が必要になりますから、利用者としては面倒だと感じている事も多いです。
 それに対してトランクルームというサービスは、そこまで契約の手続きは面倒ではありません。
 確かにルームを利用したい時にも、契約手続きを踏む必要はあります。
 しかし、あまり専門的な書類が求められないケースが多いです。
 基本的には身分証だけで契約できますから、貸倉庫よりは手軽に利用できる傾向があります。
 すなわち「短期的に借りられる」のと「面倒な契約は不要」という2点が、トランクルームというサービスのメリットです。
 

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP